ブログ

歯石取り 意味ないとき

歯石取りが意味ないときは、極端に言うと、①やり過ぎのとき、②しなくて良いとき、③他を改善した方がいいときなどです。

やり過ぎのとき

しなくて良いとき

他を改善した方がいいとき

やり過ぎのとき

手用スケーラーの画像手用スケーラーの画像

上の様な手用スケーラーなどで、歯石取りをやり過ぎると、歯が削れ、意味がないどころか、害になります。

手用スケーラーで歯が削れている様子の画像

手用スケーラーで歯が削れている様子の画像

歯石取りで、歯が削れる様子です。(Youtube 16秒)

  • 歯がしみる
  • 歯の歯頸部(歯茎の付近)が細くなる

などが起きます。

●歯がしみるのは、そのうち、しみなくなります
唾液中の蛋白や石灰分が沈着して、象牙細管を閉鎖するからです。
また、ひどく歯がしみるときには、知覚過敏防止剤を塗ることもできます。

●歯の歯頸部が細くなるのは、削り過ぎで、戻りません

対策

●結論

超音波スケーラーの画像超音波スケーラーの画像

やり過ぎの対策は、
上の様な、超音波スケーラーの刃のないチップで、できるだけ弱く使う事です。

コツは、

  • 刃があるチップを避ける
  • できるだけ弱い出力で使う
  • 同じ場所で止まらない、常に動かす
  • 押し付けないで、軽く当てる

などで、歯根へのダメージが最小限になるようにします。

●歯が削れやすいスケーラー

  • 刃があるタイプ(手用スケーラー・超音波スケーラー)
  • 刃がないタイプ(超音波スケーラー)

手用スケーラーの画像

手用スケーラーの画像

手用スケーラーの刃の画像

手用スケーラーの刃の画像

上が、歯が削れる、手用スケーラーの刃です。
手用スケーラーは、刃が付いているものしかありませんから、
アルパーク歯科では、手用スケーラーはほとんど使いません。

手では、超音波の微振動ができませんから、
かんなの様に、表面を削り取る事になります。

●刃がない超音波スケーラー

刃がない超音波スケーラーの画像

刃がない超音波スケーラーの画像

断面が円形の超音波スケーラーチップの画像

断面が円形の超音波スケーラーチップの画像

刃がないチップは、丸い棒が振動しているだけですから、弱い振動では削れず、強い振動では歯が削れます。

以上の様に、歯石取りで、歯を削らないためには、
超音波スケーラーを使う場合は、丸い棒タイプのチップを使い、強すぎない強さで使う事になります。

しなくて良いとき

歯石がないのに、歯石を取るとき

必要がないのに、手用スケーラーや、超音波スケーラーを歯に当てると、歯が削れる事を考えるとき、
歯石がないときにも、漫然とスケーラーを使うのは良くないことは、すでにお気づきでしょう。

メンテナンスで、毎回、歯石を取るとき

●歯石除去は、やり過ぎると、歯が削れますから、
歯石が付いていたら除去する程度で、良いかもしれません。

歯のメンテナンスは、多くの歯医者さんでは、3か月ごとの事が多いのではないでしょうか。
当院も、3か月ごとのメンテナンスをしています。
歯周病の方は、1か月だったりします。

毎月、歯石がたまっているという事は、ほとんどありません。
長期であっても、歯石が沈着しない方もおられます。

ですから、
歯石が沈着してから、沈着が大量でない間に、除去するので良いのではないでしょうか。

●逆に、プラークは、毎回のメンテナンスで、積極的に落としたいものです。

よくお手入れできている方でも、歯磨きが苦手な場所があります。
残っているプラークを、歯医者で除去するのは、とても大切なことですし、
残っていることを、患者さんにお伝えし、歯磨きの練習をすることも、大切なことです。

対処法

毎回のメンテナンスで歯石を取ると言われたら、
取らないといけないほどの量の歯石が、本当についているのか見せてもらう事もできます。

歯が削れるという懸念を伝え、
エアフローによるプラーク除去にどどめてもらったり、
超音波スケーラーを使うなら、歯のついていないチップで、弱い力でやってもらうのも、良い方法でしょう。

クリーニングを歯石取りと呼んでいるとき

歯のクリーニングと、歯石取りは、区別することができます。

●歯石を取るときは、
歯石除去、着色の除去、プラークの除去を合わせた物として、総称しているのでしょう。

●歯のクリーニングは、
アルパーク歯科では、
着色を取る・プラークを取る・研磨することと思っていますから、スケーラーを使わないことが多いです。
歯石を取るとは、
歯についている歯石を取り、研磨することですから、スケーラーを使います。

対処法

歯のクリーニングでは、スケーラーではなく、歯医者のエアフローという機械で、クリーニング(= プラークや着色を落とす)してもらいましょう。

他を改善した方がいいとき

歯石だけ取り、歯磨きが不十分なとき

歯を長持ちさせるには、プラークコントロール、歯ぎしりから歯を守る、体質改善、の3つが大切と、アルパーク歯科では思っています。
ですから、歯石取りだけで、歯周病などが治療できるとは思いません。
その状況で、歯石取りより大切なことがあるときは、その大切なことを優先した方が良いのではないでしょうか。

歯石がつきやすい体質を改善しないとき

歯石が付きやすい体質というのは、確かにあります。

栄養学では、体内の石灰化は、単純化するとカルシウム過多、マグネシウム不足と言われています。
まず、積極的に、マグネシウムの摂取をやってみることもできます。

いつまでも、歯石が付くからといって、歯石取りばかりやっていてもきりがありませんよね。

この記事を書いた人亀田浩司

医)アルパーク歯科・矯正・栄養クリニック 理事長

自由診療専門歴約20年の歯科医。

矯正をして、自分が変わりたいと思っている人のサポートをしたいと思っている。

長崎大学歯学部卒業、広島大学歯学部付属病院をへて、アルパーク歯科開業。
より良い治療のため、自由診療専門に変更し、歯科医5人まで拡大。

その後、個人を大切にする内容に変え、現在、患者数1日2人にしている。

一般的な歯科治療に満足できない患者さんが来院している。

一般歯科の目標 「あなたもできる20年虫歯なし」
矯正歯科の目標 「歯並びも、人生も、良くなる矯正」

0825011117

【受付時間】9:00~18:00 
【休診日】火曜

電話
お問合せ
アクセス
ページTOP