出っ歯・
ガチャ歯(歯がガタガタ)の方へ

出っ歯の方

出っ歯=上顎前突

出っ歯=上顎前突(じょうがくぜんとつ)のことです。
前歯が出ていたり、上顎全体が前に出すぎたりしている状態を呼びます。

出っ歯の原因

先天的な要因の例として、

  • 上顎全体が前に出ている
  • 下顎が上顎より小さい
  • 下顎が引っ込んでいる

後天的な要因の例として、

  • 指しゃぶりの習慣がある
  • 前歯を舌で押し出している
  • 爪を噛む癖がある

放置した場合の
将来的なリスク

なんと言っても、見た目が悪いですよね。

さらに、健康面にも大きなリスクが挙げられます。

  • 唇を閉じることができないので、口呼吸になりがち
    →ドライマウスになり、唾液の分泌量が低下。むし歯や歯周病の原因に
  • 口が乾燥すると、細菌の繁殖しやすい口腔環境になる
    →免疫力が低下し、風邪を引きやすくなる。また、アトピー性皮膚炎や喘息などにも関係

ガチャ歯(歯がガタガタ)の方

歯がガタガタ=叢生

歯がガタガタになってしまう状況は日本人に一番多い不正咬合です。
草むらが生い茂っているように見えることから叢生(そうせい)と名付けられました。

八重歯、歯並びが凸凹、歯がねじれているなどです。

このことから、一般的には「ガチャ歯」「乱杭(らんぐい)歯」などとも呼ばれます。

ガチャ歯(歯がガタガタ)の原因

先天的な要因の例として、

  • 歯に対して顎が小さい
  • 顎に対して歯が大きい
  • 先天的に歯の本数が多い(過剰歯や親知らず)

後天的な要因の例として、

  • 指しゃぶりや爪を噛むなど悪習癖がある
  • 乳歯から永久歯へ生え変わる時期がずれる
  • 食事が柔らかい物ばかりで、顎の骨が十分に発達していない

放置した場合の
将来的なリスク

  • 歯が重なっていたり、乱雑に生えたりしている
    →ブラッシング(歯磨き)が難しく、むし歯や歯周病の原因に
  • 反対の歯と全く噛み合っていない
    →関節へのダメージが蓄積し、「顎関節症」を起こすことがある
  • 舌や頬に、歯が変に接触する
    →口内炎になったり、舌や頬を噛んだりすることが増えます。
    放置すると口腔がんのリスクも増加するのではないかと、心配します。
    口腔がんの中では、舌がんが一番多く、舌の横が好発部位です。
    硬い歯に、舌の横が接触することが、刺激となっているのではないでしょうか?