ワイヤー矯正

目立ちにくい装置を
ご用意しています!

ワイヤーを使う、最も一般的な矯正です。
歯に「ブラケット」を接着し、そこにワイヤーを通し、少しずつ歯を動かします。

昔は、ブラケットは金属で作られていました。
装着すると目立っていました。

そこで、当院でおすすめしているワイヤー矯正は、

・前歯はセラミックを使用し、見た目に優れた治療
・奥歯は、強くて丈夫な壊れにくい金属製

両方の良いところを取り入れたハイブリッドな治療が可能です。
他にも、透明なプラスティック製のブラケットなどにも対応しております。

当院が使用する
『デイモンクリア』

「もっと目立たない装置なら矯正治療をしたい」
そのような患者さんのご要望にピッタリなのが、「デイモンクリア」です。

デイモンシステムは、矯正の際の痛みを最小限に抑えられるメリットがあります。
さらに、透明なセラミックで出来ているため、歯の色と綺麗に調和し、優れた審美性を誇ります。

写真の上の前歯が「デイモンクリア」です。
写真の奥歯は「従来型のデイモンブラケット」です。

実際の治療では、前歯は全部「デイモンクリア」になります。

見た目の例

「デイモンクリア」と類似した白いセラミックブラケットとホワイトワイヤーを歯に装着した場合の例です。
「デイモンクリア」でもホワイトワイヤーを使用した場合は、同じように目立ちにくい見た目となります。

デイモンクリアの特長

優れた審美性

前歯は、透明なセラミックだから目立ちにくい。

治療期間を短縮

ワイヤーとブラケットの摩擦が少ないから、歯の移動が早めです。
従来の矯正に比べ、治療期間がより短くなりました。

痛みが少ない

ワイヤーを通すブラケットの穴が大きく、歯にかかる力が弱くなります。
一般的な矯正治療よりも締め付けられる痛みが軽減されます。

健康な歯を抜かずに治療できる可能性が高くなりました

摩擦力が低く、緩やかな力で歯を動かしていくデイモンクリア。歯だけではなく、周囲の歯槽骨・歯周組織も大きく動きます。
すると、舌や口腔周囲の筋肉の力によって歯列は側方へと自然に拡大。歯が並ぶためのスペースが自然と確保出来る可能性が高くなりました。
健康な歯を抜かずに歯並びを整えられるケースも増えました。(ただし、すべての症例が対応しているわけではありません)

ブラケットとワイヤーも選択できます

ブラケットの種類

COBY

COBYの素材はジルコニアセラミックです。COBYには以下のようなメリットがあります。

  • 硬度が高く、曲げる力などに対しても高い耐久性を維持
  • ジルコニアセラミックの表面は綿密に構成されており、清掃面に優れている
  • 日本人の歯の質感に近いパールカラー
  • 天然歯になじみやすく、高い審美性を誇る
アリスブラケット アリスブラケットの素材はポリウレタン製です。ポリウレタンはプラスティックの中でも強度や耐久性に優れています。

ワイヤーの種類

メタルワイヤー 一般的な金属のワイヤーです。当院では、白色や透明のブラケットと併用し、外側からは見えにくい矯正治療を行っています。
ホワイトワイヤー 白または歯に近い色のコーティングがされた矯正用のワイヤーがあります。見た目に優れ、カレーや珈琲などを食べても問題ありません。
ただし、場合によってはコーティングがはがれることがございます。

他院で行うワイヤー矯正との違い

インダイレクトボンディングシステムという方法で
ブラケットを歯にセットしています

ワイヤー矯正では、ブラケットの位置や角度で、歯の並びがほぼ決まります。
ブラケットの位置ができるだけ正しければ、治療の仕上がりもよくなります。

だから、ブラケットの装着位置を、なるべく精密に決めたいという事です。
ブラケットの位置決めは、2つ方法があります。

  • お口の中で直接決める
  • 模型の歯を正しく並べ替え、その模型上で位置を決める

2の方がより正確に、ブラケットの位置決めができます。

歯型を取り、模型を作ります。
よい歯並びに並べ替え、ブラケットの装着位置を決めます。

ここから、インダイレクトボンディングシステムを作る方法は、何種類もあります。
当院では、コモンベースという、1本づつ装着する方法を採用しています。
コモンベースは、日本歯科大の小森教授が開発されたものです。
小森先生は、同じ長崎大で、1級上の先生でした。

ブラケット装着の一例

コモンベースとはこういう物です。
ブラケットの周囲に、歯に合うジグをレジンで作ってあるものです。
ジグは、装着後取り除くと、ブラケットだけ歯に残ります。

歯に精密に適合させます。

光で接着剤を固めます。

次の歯です。
歯に、コモンベースをかぶせます。

歯に適合させます。

接着剤を光で固めます。

他の手法もございます

コモンベースでない方法です。
インシグニアという、インシグニアシステムです。
ブロックの中に、ブラケットが組み込まれていて、それを歯に合わせます。
写真は、接着剤を光で固めている所です。

ブラケットの装着にもマイクロスコープを使用します

当院では、一般歯科治療も行っており、その際は、マイクロスコープ(顕微鏡)を使います。
矯正治療でも、そのマイクロスコープ(顕微鏡)を使い、できるだけ精密に治療ができるよう頑張っています。

ワイヤー矯正の流れ

精密検査

口腔内検査、口腔内の写真撮影やレントゲン検査等を行います。この検査と患者さんのご希望をもとに治療計画を作成します。

診断

検査結果を踏まえて、一本一本の歯の状態や今後のリスクなどをお伝えいたします。
どのぐらいの治療期間が必要なのかをじっくり説明して、患者さんの疑問点をすべて解消することを心がけております。

治療前準備

虫歯や歯周病などがあれば、矯正治療を始める前にしっかり治していきます。
そのあとに、歯型取りなど矯正治療に必要な準備を行っていきます。

治療開始

装置の取り付けは1日で行い、所要時間は2~3時間ほどです。また、抜歯が必要な場合は装置の取り付けと同時に行うことが出来ます。
治療期間中は、少しずつワイヤー調整を行い、理想の歯並びを目指していきます。

1~2ヶ月に1回程度来院していただき、平均的な治療期間としては2年程度です。
歯を抜かずに済むような簡易矯正では半年~1年程。
難症例の場合は、3年以上かかるケースも存在します。

保定

保定期間は矯正治療において一番の要です。
矯正治療終了後に、リテーナー(保定装置)を装着し、歯並びが動かないようにします。
保定期間はおおよそ1年半。3~4ヶ月に一度医院に来院していただき、歯並びのチェックと歯のクリーニングを行います。

ワイヤー矯正Q&A

気になる6つの疑問に
一問一答

期間は?

症例によって異なりますが、1~2.5年ほどの患者さんが多いです。

費用は?

おおよそ100万円前後となります。

痛い?

調整をしてから数日ほどは締め付けられるような痛みを感じることがあります。ただ、当院が推奨するデイモンクリアは、その痛みを最小限に抑えられます。

抜歯はする?

症例によりますが、患者さんの希望をもとにベストな方法を提案いたします。

後戻りはする?

リテーナー(保定装置)をつけて後戻りを防ぎます。矯正治療の成否を決めるため、矯正期間の2~3倍の期間装着します。

来院頻度は?

約1~2ヶ月に1回お越しいただいております。

その他の質問

歯磨きは難しい?

確かに歯磨きが難しくなります。慣れてしまえば問題ありません。

食べてはいけないものはありますか?

粘り気のあるもの、硬い食事は装置が外れやすくなりますから、出来ればお控えください。
フランスパン・ステーキ・漬け物・煎餅などを召し上がる際は、出来る限り小さくしましょう。

ブラケットが外れました。どうすれば良いでしょうか?

矯正治療は調整後1週間ぐらいが一番外れやすい時期です。ブラケットやワイヤーが外れてしまった際は、早めのご来院をお願いしております。
その際は予約が必須となりますが、当院では矯正専門の歯科医が在籍しているため、すぐに対応出来る環境です。
来院までの応急処置として、ペンチなどでワイヤーを切り離していただいても構いません。

虫歯になりやすいのでしょうか?

ブラケットを口の中にとりつけると、歯磨きがしにくくなるので虫歯になりやすくなるのは間違いありません。
歯ブラシの練習をしますから、虫歯にならない様、歯磨きをがんばりましょう。

他院で部活動によっては矯正治療が出来ないと言われました

たとえば、吹奏楽部の金管楽器。
マウスピースを唇に当てて演奏しますから、難しいと思います。
木管楽器は大丈夫なようです。
スポーツは、ほぼ問題ないでしょう。
ブラケットをつけている唇や頬に、ボールなどが当たると、唇内面が傷つきやすいので、お気を付けください。