ガミースマイルの矯正

「笑うと歯ぐきが見えすぎる…」
そんなお悩みを解消します

・笑うと歯ぐきが大きく見える
・歯と歯ぐきの境目のラインが不揃い
・歯の大きさが小さい

このようなお悩みをお持ちの患者さんは、ガミースマイルの疑いがあります。ガミースマイルとは、笑った時に上唇が持ち上げられて、上顎の歯ぐきが大きく見えてしまう状態です。
ガミースマイルは、チャーミングな個性として捉えることもできますが、患者さんによっては、ご自身のコンプレックスになっているケースも少なくありません。

当院では、ガミースマイルの矯正治療が可能です。
治療を通じて歯の位置を動かすのはもちろん、咬み合わせのバランスにも注意し、見た目と機能面の両立をめざした治療の提供に努めております。

一人ひとりに親身になって寄り添い「心の底から笑いたい」「自分の笑顔に自信を持ちたい」など、患者さんが思い描く理想の実現を一緒にめざしてまいります。

ガミースマイルの原因

骨や歯が原因となる場合

ガミースマイルで悩む患者さんに多い特徴は、骨や歯に原因があることです。特に、上顎の骨が縦に長く、前歯を支える骨が厚いなどの場合は、笑った時に歯ぐきが露出してしまいがちです。
他にも、上顎の前歯が正しい位置よりも下に生えている場合や、上唇が引き上げられやすい出っ歯(上顎前突)なども、ガミースマイルを引き起こすきっかけになります。
骨や歯に原因があると判断した場合は、当院がご案内する矯正治療を通じて、ガミースマイルの改善をめざします。

唇や筋肉に問題がある場合

上唇が縦に短く薄い場合は、歯ぐきを覆う範囲が狭くなり、露出量が増えてしまいます。上唇を引き上げる上唇挙筋と呼ばれる筋肉が、通常よりも強く発達している場合も注意が必要です。
上唇挙筋の力により、上唇が薄くなる傾向にあり、笑った時に強く引き上げられて歯ぐきが見えてしまうのです。
唇や筋肉が原因で生じるガミースマイルには、外科手術による治療をお薦めしております。

歯ぐきに問題がある場合

「歯ぐきが歯を覆っている」「歯が小さい」場合は、歯ぐきが広く露出しやすい状態になります。
歯ぐきに問題があるときは、外科手術による処置が必要です。歯が見える範囲を広げる手術(歯冠長延長術)を行うと、歯ぐきの露出量が減ります。
歯を以前よりも大きく見せることができ、見た目も美しく、健康的な印象を与えられるようになります。

ガミースマイルの治療法

ガミースマイルの原因が骨や歯にあれば、矯正治療の適用が可能です。
しかし、症例によっては、唇や筋肉、歯ぐきなどに原因があるケースもございます。その際は、外科手術による治療が必要です。

メリットとデメリット

メリット

  • 劇的な改善が見込める
  • 歯並びも一緒に直すことが可能
デメリット
  • 期間がかかる
  • 外科治療が必要な場合がある

当院では患者さんの症例に合わせ、適切な治療プランのご案内に努めております。
ガミースマイルに関するご相談は、当院までお気軽にお問い合わせください。