新着情報

矯正したい、金属アレルギーの方へ

その他

金属アレルギーの方用に、矯正器具の金属組成を紹介しています。
アレルギーの金属が入っていない製品があれば、使えるでしょう。
使える矯正製品がありますか?

金属アレルギーの方は、
金属を使わないマウスピース矯正や、
アレルギーの金属を含まない材料で、矯正ができます。
ご自分に合った方法を選んでくださいね。

インビザライン

インビザラインは、樹脂のマウスピース矯正です。
マウスピースに金属部品はありませんから、
金属アレルギーの方は、安心して矯正できると思います。

インビザラインでも、アンカースクリューを使う事が多くなっています。
アンカースクリューは純チタンが多いです。

利点

見えない。
マウスピースを外して食事できる。

欠点

食事と歯磨き以外の時は、装着する。
ぐっと深く装着しないと、矯正効果が出ない。
マウスピースの装着が自分できちんとできるという方は、向いているでしょう。

ワイヤー矯正

ワイヤー矯正でも、アレルギー金属を含まない矯正装置があります。
白いセラミックやプラスチックのブラケットなどです。
良かったですね。

利点

ブラケットは歯に接着されますから、ご自分で装置は取り外せません。
その分治療効果は、ちゃんと発揮されます。

欠点

矯正装置が見える。(白い装置があります)
装置に食べ物が引っかかる。
歯磨きがしずらい。

舌側矯正は、

舌側矯正用ブラケットはステンレス鋼が多いと思われます。
ニッケルに金属アレルギーの方は、不向きかもしれません。

ステンレスについて

最も代表的なステンレス鋼は、オーステナイト系で、成分は、鉄、Cr18%、Ni8%など。

多くは、ニッケルが入っていると思われます。

詳細は、その製品が、どのステンレスを使っているのか調べないといけません。
代表的なステンレスは以下の様です。

1、マルテンサイト系ステンレス
鉄にクロム13%の合金

2,フェライト系ステンレス
鉄にクロム18%の合金

3,オーステナイト系ステンレス
鉄にクロム18%とニッケル8%の合金

矯正器具の金属組成

簡単に調べられる範囲ですが、、、

ワイヤー製品

(会社)オーラルケア
VIMワイヤー
ニッケル コバルト 銅 鉄 チタン

(会社)Ormco
ステンレスワイヤー
ステンレス鋼 Cr 17.0~19.0%, Ni 8.0~10.0%, その他(C,Mn,P, S, Si)5%以下, Fe 残余

以下は、金属アレルギーに考慮されているという製品です。
ご自身に合うのが見つかるといいですね。
(会社)JM-Ortho
ゴムメタルType II リバースカーブ
(組成)チタン、ニオブ、ジルコニウム、タンタル

ゴムメタルワイヤー
チタン、ニオブ、ジルコニウム、タンタル

ゴムメタルホワイト
チタン、ニオブ、ジルコニウム、タンタル(コーティング材料/ロジウム、金)

ベンダロイ
チタン、モリブデン、ジルコニウム、スズ、鉄、炭素

(会社)バイオデント
β-Ti ワイヤー
モリブデン/ジルコニウム/スズ/チタン

(会社)ORMCO
TMAワイヤー
チタン・モリブデン合金 Mo 10.0~13.0%, Zr 4.5~7.5%, Sn 3.75~5.25%, その他(Fe, O, H, C, N2) 5%以下,Ti 残余

(会社)オーソデントラム
CNA™ Wires ベータ チタニウム ワイヤー
ニッケルフリー

(会社)松風
オーソラインアーチワイヤー ベータⅢ
ニッケルフリー

(会社)ミツバオーソサプライ
タイタンモリーワイヤー
ニッケルフリー

(会社)フォレスタデント
ステンレススチール ワイヤー
Ni 0.3%以下

ブラケット

前歯、小臼歯につけるブラケットです。
セラミック、プラスチックブラケットなら、金属アレルギーでも使えますし、白や透明なので、見た目もきれいです。
以下は、金属のブラケットです。
(会社)Ormco
オーソス チタニウム ブラケット
チタン合金 Al 5.5~6.75%, V 3.5~4.5%,その他(N, C, H, Fe, 0)1%以下,Ti 残余

(会社)フォレスタデント
ミニスプリント ブラケット
Ni 0.3 % 以下

バッカルチューブ

大臼歯につけるブラケットです。
(会社)Ormco
オーソス チタニウム バッカルチューブ
純チタン

(会社)フォレスタデント
バッカルチューブ
Ni 0.3 % 以下
ご自身に合った、製品が見つかるといいですね!

金属アレルギーについて

アレルギーの金属
金属アレルギーパッチテストの結果,広島市西区草津新町,アルパーク歯科・矯正・栄養クリニック

厚生労働省 医薬食品局 H23年度 家庭用品等に係る健康被害 病院モニター報告から 改変
上図では、
Niニッケル 28.3%
Coコバルト 20.2%
Au金    11.1%
Pdパラジウム 7.1%
Ptプラチナ  7.1%
Crクロム   5.1%
Hg水銀    4.0%
Cu銅     4.0%
などとなっています。

第14回アレルギー疾患対策推進協議会では、
ニッケル、クロム、コバルト、金が多いと発表されています。

アレルギー性接触皮膚炎

原因は、
化粧品・薬用化粧品54%,
医薬品25%,
装身具・装飾品9%
身近なものでは、
ネックレス、ピアス、指輪、イヤリング、
時計、めがね、ベルト、ボタンなど

アレルギーが分かった時、どうするか

原因のアクセサリーなどの使用をやめる。
金属以外のものに変える。
汗をかく時は、装飾品は外すようにする。
専門医で、原因の金属を特定し、製品選択の指導を受ける。

歯科用合金の組成

金銀パラジウム合金
銀歯_歯科用金銀パラジウム合金,広島市西区草津新町,アルパーク歯科・矯正・栄養クリニック

最も多く使われている保険用の銀歯
有名なキャストウエルMC金12%ですと、
金12% パラジウム20% 銀46% 銅20% 亜鉛2% インジウム2% イリジウム2%

歯科用銀合金

ミロスリー
銀77% 亜鉛5% スズ18% アルミニウム微量
保険で多用されていた銀合金です。
根管治療をした後に、保険でコアという金属の土台を作った時は、安価な銀合金を使っていることが多いです。

歯科用コバルトクロム合金

例えば、GCコバルトキャスト
コバルト63% クロム28% ニオブ4% タングステン3% モリブデン・ケイ素・鉄2%以下
義歯の金属部品は、多くがコバルトクロム合金です。
最近は金属部品を使わない義歯や、チタンの義歯もあります。

歯科用金合金

キャスティングゴールドMCタイプⅣ
金70% プラチナ2% パラジウム3% 銀8% 銅16% 亜鉛1% イリジウム1%

パラジウムアレルギー

パラジウムの用途は、
自動車排ガス浄化用触媒、
歯科用材料、電気・電子工業用部品、宝飾品など
身近なところでは、
プラチナの指輪などに、プラチナ合金として入っている。
銀歯。
ですから、パラジウムにアレルギーがある場合は、銀歯が原因の場合も多いのではないでしょうか?
なるべく、歯に金属を使わないようにしましょう。
歯に金属を使わない時は、自費のセラミックになる事が多いでしょうから、
中途半端な自由診療ではなく、
顕微鏡(マイクロスコープ)とラバーダムを使う精密治療を受けましょう。
1回の治療できちんと治し、それを長持ちさせるというのが、良いと思います。