新着情報

フロス 臭いところがある時

その他

フロス 臭いところがある時

フロスで臭いところがある時は、菌や化膿が臭い。放置すると悪化する。自分でできる事を、お伝えします。これでスッキリ。
歯間ブラシで同じところが臭い時も、同様にお考え下さい。

フロスがキッチリできますと、フロスが臭い所はありません。
フロス後は、スッキリさわやかです。
フロスに臭い所がある時は、そのところは、何か問題があるという事になります。
ご自分で、問題に気づけて良かったですね。
解決できる可能性が高いですよ。

フロスで臭いところがある時、何が臭いのか?

フロスが臭い=悪臭です。
悪臭は、菌や化膿から出る事が多いため、
同じところに菌が多い
そこが化膿している
フロスで臭いところが、いつも同じという事がおきます。

もし、フロスで臭いところがある時
1, そのところに、菌が残っているから臭いのだろう
2,他の歯は、フロスできれいに掃除できているのだろう
という事が分かります。

フロスで臭いところがある時の原因として、
1,フロスのやり方が良くない
2, フロスをちゃんとしても、菌が取れない
3, そこに化膿があり、化膿の悪臭がフロスにつく

1, フロスのやり方が良くない

フロスは奥歯が難しく、掃除が不十分なのかも知れません。
特に、F字型の糸ようじを使っている場合は、
いつも同じ所が掃除できていないため、
フロスで臭いところがあるのかもしれません。
頬があるため、フロスを入れる方向が、斜め前方からになり、
真横からフロスが入りにくいためです。
菌が残りやすいところは、
奥歯の2本の歯の間をフロスするときは、
奥側の歯の、手前(近心面)の外側(頬側)と、
手前側の歯の、奥側(遠心面)の内側(舌側)です。
フロスが当たりにくく、菌が残りやすいでしょう。

ライオン_ウルトラフロス大好き

↑ フロスのやり方です。

2, フロスで臭いところがある時の、歯の問題

虫歯の穴
銀歯と歯の境目に隙間
冠の縁に隙間
古い銀歯がある
歯並びが悪い
親知らずが水平に生えている
根の凹面
以上は、フロスをしても同じところに菌が残りやすい箇所です。

特に古い銀歯にご注意

古い銀歯は、歯と銀歯をつける接着剤が、溶けている事がよくあります。接着剤をセメントといいます。
昔は、そんなセメントを使っていたのです。
銀歯が取れたので、歯医者に行ったら、虫歯があると言われた方は多いと思います。
どうして銀歯が取れるかと言うと、セメントが溶けて銀歯がゆるんだからです。
まだ銀歯が取れていない時も、セメントは徐々に溶けていき、銀歯と歯の間に唾液やバイ菌が染み込みます。
その染み込んだバイ菌が悪臭を出し、フロスで臭いところとなるのです。
古い銀歯は、早めに、全部やりかえた方が歯のためですし、フロスで臭いところがあるという事も解消されるでしょう。

3,フロスで臭いところがある時の、化膿の問題

化膿は、主に歯茎になります。
歯周病の化膿
根の先の根尖性歯周炎の化膿
などが考えられます。

フロスで臭いところがある時、放置するとどうなるか?

フロスで臭いところがある時、その状態を、放置するデメリットです。
1, 口臭
2, 虫歯がひどくなる
3, 歯周病がひどくなる
4, 根尖性歯周炎が続く

菌がくぼみにたまり、腐敗して、悪臭を発しているわけですから、
まず気になるのは、口臭ですね。

1, 口臭

フロスで臭いところがある時、同じ臭いがお口からしているかも知れません。
臭いの量が少なければ、口臭は少ないでしょうし、臭いが多ければ、他人にも分かる可能性があります。
他人まで臭いを感じるかどうかは、口臭測定器で確かめてみるのも良いでしょう。
常時、同じ臭いをかいでいると、鼻はその臭いを感じなくなります。
自分で気が付きにくいのが口臭の性質ですから、気をつけたいですね。

2, 虫歯がひどくなる

フロスで臭いところがある時、そこには、菌がずっとたまっているという事です。
虫歯になりやすいです。
そのところだけ、歯磨きをしていないのと同じだからです。

3, 歯周病がひどくなる

上と同じように、菌がたまっているという事です。
歯茎の近くに菌がたまると、歯周病になります。
歯周病があれば、ひどくなる。
歯周病がなければ、歯周病になる可能性があります。

4, 根尖性歯周炎が続く

根の先の化膿病巣から、膿が出て、歯の根の表面を伝わって、歯茎に現れたものです。
根尖性歯周炎は、急にひどくなるという事は少ないと思います。
ですが、根管治療をしないと治癒しません。
膿が、歯周ポケット内に出ている場合は、
歯周病もひどくなります。

フロスで臭いところがある時、何ができるか?

1, 歯医者で、診てもらう

早く歯医者を受診しよう。
何が原因で、フロスで臭いところがあるのか、なるべく早く、確かめましょう。
早い方がいいですよね。トラブルの程度が軽くて済みます。

治療する
フロスで臭いところがある時は、以下の問題がある可能性が高いです。
虫歯の穴があり、フロスで虫歯菌が落ちない。
銀歯と歯の境目に隙間があり、そこに菌がたまり、フロスで落とせない。
冠の縁に、歯との間に隙間があり、そこに菌がたまり、フロスにつく。
歯並びが悪く、フロスでよく磨けない。
親知らずが水平に生えていて、食片がたまっている。
根に凹面があり、フロスしても菌が残ってしまう。

ご自分では、どうしようもありませんから、早めに原因をはっきりさせて、治療を受けましょうね。
原因が分かれば、多くの場合、治すことができるでしょう。

フロス 臭いところがある時、こんな歯医者で治療したいな,アルパーク歯科・矯正・栄養クリニック,広島市,西区,草津新町,JR新井口駅
2, 口臭測定

口臭が少ない様でしたら、問題のところを安心して治療できますし、
口臭があるようでしたら、治療を急ぐのもいいかもしれません。
多くの歯科医院に、口臭測定器がありますから、割と気軽に口臭を確かめる事ができます。

フロス 臭いところがある時の口臭測定器,広島市,西区,草津新町,アルパーク歯科・矯正・栄養クリニック

行きつけの歯医者に口臭測定器がなければ、
ネットで探して、お電話でご確認ください。
「口臭を測定したいのですが」とか、
「メンテナンスしたい。口臭も測定したい。」と言っていただくと、スムーズでしょう。

3、フロスを変更する

F字型のフロスは、入れ方が難しく、同じところに菌が残りやすいと申し上げました。
F字型の糸ようじの構造上の問題ですから、フロスを変更しましょう。
ロールタイプの糸のフロスか、Y字型のウルトラフロスが良いと思います。
当院では、片手でできるウルトラフロスをお勧めしています。
衛生士さんにY字型ウルトラフロスのやり方を教えてもらって、
フロスで臭いところがあるという問題を解決しましょう。

4, 砂糖を減らす

お口をきれいに保ちたい時は、砂糖は控えましょう
普段いる菌をよけいに増殖させるのが、砂糖です。
歯に付着する菌は、砂糖をエサにして、普段より増殖します。
砂糖を食べた後のプラーク(菌)は、厚みがありベタベタして、取れにくいというのが、歯科関係者ではよく知られている所です。
フロスで臭いところの菌を、育てる事になりますから、砂糖はやめましょう。

砂糖の代わりの甘味料
エリスリトールなどが良いでしょう。
虫歯菌を増やさないし、カロリーになりにくいものです。
エリスリトールの代謝は、腸で吸収されますが、肝であまり代謝されず、体細胞にもあまり利用されず、腎からそのまま排泄されます。

オリゴ糖は、オリゴ糖100%ならお勧めできます。
甘みもあります。
多くのオリゴ糖は、ほかの糖も入っています。
多い場合は、半分以上が他の糖だったりしますから、よくお調べください。

5, 衛生士さんに相談する

ご自分でも、日頃のお手入れができるようになりましょう。
そのため、
フロスのやり方を上手になる、
清掃道具を変える
清掃道具を工夫するなどができるでしょう。
早く、スッキリきれいになるといいですね。

6, メンテナンスする

フロスで臭いところがある時は、ご自身でのお手入れが難しい所ですから、
歯医者でメンテナンスを受けましょう。
歯のトラブルを防ぐことができ、歯を清潔な状態で保つのに役立つでしょう。

7, フロスを歯間ブラシに変える

いつも同じ根のくぼみに菌がたまり、フロスで落ちない時は、
歯間ブラシだと菌が落ちるかもしれません。
歯間ブラシの毛で、落とせる可能性があります。

あまりお勧めしません。
歯間ブラシを使っていると、歯と歯の間に隙間ができますよ。
そこに食べ物が挟まるようになりますから、
基本、歯間ブラシは、お勧めしません。

以上、フロスで臭いところがある時の、原因、放置するデメリット、対策をお伝えしました。

スッキリ清潔な歯を保ちましょう。