広島県広島市西区草津新町2-26-1アルパーク東棟8階
お問い合わせは082-501-1117

広島市,西区,矯正歯科,非抜歯矯正,抜かない床矯正,やさしい無痛治療|アルパーク歯科・矯正歯科

アルパーク歯科

>>住所
広島県広島市西区草津新町
2-26-1 アルパーク東棟8階

>>診療時間
午前9:00~13:00
午後14:00~18:00
(完全予約制)
休診日:不定期金曜日

>>TEL
082-501-1117

問診表はこち

ら

【初診の患者様へ】
問診表については、 印刷してご記入の上、 来院の際にお持ちください! (お待ち頂く時間の短縮にもなります)

 

携帯サイト

アルパーク歯科・矯正歯科のスタッフブログ

関連サイト

アルパーク歯科・矯正歯科 一般歯科専門ホームページ

アルパーク歯科(審美歯科専門サイト)

アルパーク歯科(矯正歯科専門サイト)

アルパーク歯科(無痛歯科専門サイト)

アルパーク歯科(根管治療専門サイト)

アルパーク歯科(お子様矯正ナビ)

アルパーク歯科(採用情報サイト)

HOME»  抜かない矯正、非抜歯、床矯正

抜かない矯正、非抜歯、床矯正

お子さま矯正サイトはこちら


抜かない矯正=非抜歯矯正では、本当に抜かない矯正ができます

抜かない矯正

小学校に上がった時、お母さんがご相談にお越しになりました。
写真の青い部分に永久歯が生える予定なので、歯並びが凸凹になりますね。
聡明なお母さんでしたので、凸凹になる前に、お越しになったのです。

抜かない矯正

上の歯を見てみますと、青丸の位置に前歯の2番という歯が、生える予定なのです。
乳歯の犬歯と重なっています。
という事は、将来生える、永久歯の犬歯と重なっているという事なのです。
抜かない矯正=非抜歯矯正を選択なさいました。
時期を見て、非抜歯矯正特有の、特別な装置で歯を動かしていきます。

抜かない矯正

第一大臼歯を後方へ移動しました。
大きな大臼歯でも、こんなに後方へ移動できるのです。
成長と共に、第一大臼歯後方は成長し、第二大臼歯が生える余地が生まれますので、心配は要りません。
犬歯が八重歯になって生えています。(青い矢印)
この様に、八重歯の歯並びでも、抜かないで歯列矯正できるのです。

抜かない矯正

上の歯を整えました。
八重歯だった犬歯も、良い歯並びになり、良好な治療経過ですね。

抜かない矯正

下の歯も、凸凹(叢生)にならずに並べる事ができました。
上下の第一大臼歯(6番)には、メタルのバンドが装着されています。
装置の都合上必要なので、使用しています。

抜かない矯正

上下の歯並びをワイヤーで整直させて、仕上げです。

抜かない矯正

仕上がった歯並びです。きれいですね。
かみ合わせも良好です。

抜かない矯正

矯正治療終了後の写真です。
とてもかわいらしいお嬢さんに成長なさいました。
とてもかわいいですね。

白い歯、きれいな歯並びは、「さわやかだなー」、「清潔感いっぱい」という印象を相手の心に深く刻みます。
対人関係もよく、素晴らしい人生が待っ ている事でしょう。

お元気でね!
(写真の掲載は、ご本人ご家族の許可を頂いております。)

アルパーク歯科・矯正歯科の、抜かない矯正=非抜歯矯正を、お子供さんにプレゼントなさってはいかがでしょうか?
ご両親から、子供さんへ、人生最良の贈り物の一つといえると思います。


PAGE TOPへ戻る

 

抜かない矯正、床矯正、拡大矯正はとてもよい

抜かない矯正、床矯正、拡大矯正はとてもよい

歯を抜かない

同じ矯正なら、歯を抜かない方がよいと院長も思います。院長の二人の子供も「非抜歯矯正」で直しました。

より楽に、より経済的に

大人の矯正に比べて、子供さんご本人が楽な事が多いものです。

よい結果

当院では、「非抜歯、拡大矯正」で、とてもよい結果を得ております。

最初からよい医院で矯正しましょう。

子供さんの床矯正、拡大矯正、が広まったのは良いことなのですが、最近、他院にて経過不良の方がご相談にお越しになる事が増えました。
治療のやり直しは大変なので、最初からよい医院で矯正しましょう。

PAGE TOPへ戻る

 

「歯並びきれい+横顔よし+白い歯で虫歯なし」が目標

歯並びきれい。

真直ぐな歯並びに仕上がります。治療終了が待ち遠しいものですね。

横顔よし。

口元が出っ張らず、ひきしまった感じで仕上がります。矯正で横顔までカッコよくなることは、案外知られていないものです。

白い歯で虫歯なし。

子供のうちにオーラルケアは自立させてあげる必要があります。虫歯予防処置も同時に行いますので、治療終了時には、虫歯のない真っ白な歯に仕上がります。

かっこよくて、一生使える歯。

よい第一印象で、好意ある対人関係に役立ちます。
きっと、幸せな結婚や充実した人生につながるでしょう。

 
PAGE TOPへ戻る

 

抜かない矯正  方法

抜かない矯正 治療の流れ

抜かない矯正 治療の流れ

開始時期
幼稚園から小学校、一部中学校に始めます。なるだけ早目が良いでしょう。

ホームケアの練習
子供のうちにホームケアが自立できるように、練習します。

乳歯・永久歯の虫歯予防処置
虫歯にならないように、予防処置をします。
虫歯があれば、矯正前に直します。

前歯部萌出期~側方歯群交換期の矯正
永久前歯4本の萌出前後に、床矯正によって歯列を拡大します。
前歯4本分のスペースを作り、前歯をまっすぐに整えます。
上下顎とも、大臼歯を後方移動します。

永久歯萌出完了期の矯正
大臼歯の固定、側方歯群の後方移動、前歯・犬歯をまっすぐに整えます。

保定
歯並びを長期安定させるため、保定装置をつけます。
治療終了は、小学6年から中学生1年程度です。

メンテナンス
歯並びの定期管理と、虫歯予防をしましょう。定期的にご来院いただき、処置をしていきます。

PAGE TOPへ戻る

 

非抜歯矯正のテクニック

  • 以下のテクニックを用いて、抜歯しないで矯正します。
  • 非抜歯矯正は、主に幼稚園、小学生のうちに行うとうまくいきます。
  • ある程度の限界もありますので、ケースに応じて相談しながら治療していきましょう。
  • 大人でも非抜歯でできるケースもありますので、ご相談くださいませ。
PAGE TOPへ戻る

 

矯正には犬歯後部にスペースが必要

  • 凸凹な歯並びで、単に前歯を真直ぐに並べますと、前歯が前方に張り出します。袁人類みたいに飛び出た口元になってしまい、人の歯並びとして美しいとは言えません。
  • 前歯を出っ張らないでキレイに並べるためには、まず犬歯後部にスペースを作ります。そのスペースに向かって犬歯を動かし、順次前歯を移動し、正中を合わせ、長さと角度を整え、歯並びをキレイにするのです。
  • 犬歯後部にスペースをつくる方法として、
  1. 臼歯を後ろに動かす。
  2. 歯並び全体を横に拡大する。
  3. 臼歯の歯の間を削って隙間を作る。
  4. 第1小臼歯を抜歯する。などがあります。
 (1)非抜歯 臼歯を後ろに動かす方法
  • 大臼歯、小臼歯、犬歯の順に後ろに動かし、歯並びを整えます。
  • 種々の装置が必要で、ケースに応じて選びます。
 (2)非抜歯 歯並び全体を横に拡大する方法
  • なるべく子供さんのほうが望ましいでしょう。
  • 歯列を左右に拡大し、増えたスペースに前歯を配列します。
 (3)非抜歯 臼歯の歯の間を削って隙間を作る方法
  • 歯と歯の間を1mm程度削除し、スペースを作る方法です。
  • 臼歯は表面のエナメル質が厚いためわずか削除する事ができます。1ヶ所1mm、片側で数㎜のスペースができます。そのスペースを前歯の配列のために使います。
PAGE TOPへ戻る