広島県広島市西区草津新町2-26-1アルパーク東棟8階
お問い合わせは082-501-1117

広島市,西区,矯正歯科,非抜歯矯正,抜かない床矯正,やさしい無痛治療|アルパーク歯科・矯正歯科

アルパーク歯科

>>住所
広島県広島市西区草津新町
2-26-1 アルパーク東棟8階

>>診療時間
午前9:00~13:00
午後14:00~18:00
(完全予約制)
休診日:不定期金曜日

>>TEL
082-501-1117

問診表はこち

ら

【初診の患者様へ】
問診表については、 印刷してご記入の上、 来院の際にお持ちください! (お待ち頂く時間の短縮にもなります)

 

携帯サイト

アルパーク歯科・矯正歯科のスタッフブログ

関連サイト

アルパーク歯科・矯正歯科 一般歯科専門ホームページ

アルパーク歯科(審美歯科専門サイト)

アルパーク歯科(矯正歯科専門サイト)

アルパーク歯科(無痛歯科専門サイト)

アルパーク歯科(根管治療専門サイト)

アルパーク歯科(お子様矯正ナビ)

アルパーク歯科(採用情報サイト)

HOME»  噛み合わせについて

噛み合わせについて

治療例 気が付かない良くない噛み合わせの改善例

「かみ合わせ」が良くない、よくあるケース

  1. 調整しましょうと勝手に削られた。
  2. 冠のかみ合わせが良くないけど我慢するしかなかった。
  3. かみ合わせの違う冠をいきなり装着された。
  4. かみ合わせがおかしいので、調整してもらったがよくならない。
  5. 顎や肩、背中までへん。マウスピースをするしかないと言われた。

上記1のように、かみ合わせの調整などは、気軽に行ってはいけないのです。
2や3。もっと丁寧に治療してあげてください。かわいそうです・・・。

 

PAGE TOPへ戻る

 

安全なかみ合わせの治療とは

冠などを作る場合

いきなり完成品を装着する事はありません。
必ず、仮の歯を作り、かみ合わせが良いか確かめます。

天然の歯を調整する場合

下記のように、歯科医師と患者さん両者が、どこを調整したら良いか意見が一致してから、初めて調整します。
勝手には調整しません。ご安心ください。

PAGE TOPへ戻る

 

分からなくなった「習慣性咬合位」

「顎位」はいろいろある。

一般的にいう「かみ合わせ」は「顎位」と言いますが、「習慣性咬合位」「中心位」「筋肉位」等があります。
噛み合わせが分からなくなった方は、ご自身が長年使っていたはずの「習慣性咬合位」が分からなくなっているのです。

避けたいトライ&エラー

分からなくなった「顎位」を、歯を削って探してはいけません。 トライ&エラーで探す試行錯誤法では、元のかみ合わせの位置を探すのはとても困難で、ご自分で調整しようとしても、ますます迷路に迷い込みます。
これは絶対に避けなければなりません。

PAGE TOPへ戻る

 

では、基準はどこなのか 「中心位」とDowson法

「中心位」が基準

当院では、歯科医も患者さんご自身も再現できる、「中心位」を基準にしています。
歯をグッと噛みしめた時、筋肉は下顎を上に引っ張りあげ、顎の関節頭は関節のくぼみに嵌まり込もうとします。この時、関節頭は関節のくぼみに嵌まり込み、歯もぴったり合っていて、関節と歯に均等に力がかかり、力学的に安定した状態になります。
当院基準の顎位とは、この顎位の事をいうのです。

「中心位」は何度でも再現性がある

この顎位は、必ず再現できる、安定した位置なのです。
実際、この位置は、よくトレーニングされた歯科医が誘導すると、何度でも再現できます。

「中心位」は患者さんご自身でも再現性がある

決して強制的な位置でない事は、患者さんご自身でも、何度でも再現できる事から分かります。
今までは知らなかっただけなのです。
歯科医でも患者さんでも、「再現できる」「安定している事が分かる」という事がとても大切です。
なぜなら、噛み合わせが「再現できず」「安定しない」から、苦労しているわけですから・・・

「中心位」を邪魔する当りが分かる

そして、この位置に慣れますと、この位置で、歯の均等な接触を邪魔する「当たり」「接触」を、邪魔だと感じられるようになります。
これはご自身ではっきり確かめる事ができますので、とても安心です。

歯科医と患者さんの意見が一致する

歯科医と患者さん共に、「確かにそうだ」「ここが邪魔だ」「では、ここをこうしよう」と、意見が一致する事が大切ですね。
この過程を経ることが、一番大切なのです。

「中心位」で調整

患者さんご自身が邪魔だと感じるのですから、その邪魔な「当たり」「接触」を、歯科医が調整してあげると、うまくいきます。
歯の調整ですと、邪魔なとがりを「丸める」、邪魔な場所を「へこませる」と、楽になります。

歯が当らない不都合

もし、歯が「当たらない」「接触しない」ために、不都合があるのでしたら、”盛り上げ”て、「当たる」「接触する」ように、何らかの方法で、歯を作ってあげましょう。

冠による治療

形の悪い冠やブリッジですと、それを除去し、仮の歯を試して
噛み合わせがよければ、その通りの噛み合わせで、完成品を作れば安心です。

以上をDowson法といいます

Dowson法のほんの一部を、ご紹介しました。
Dowson法は、以上のように安全な噛み合せの治療です。
注).「中心位」という言葉は、歯科医学の進歩と共に歴史的に変遷して来ました。
昔の「最後退位」ではありません。
歯科医によって定義が違っている事があります。ご注意ください。

PAGE TOPへ戻る

 

体験談をご覧ください

体験談を差し上げます

当院での検査「デンタルドッグ」を行う方には、当院で治療なさった方々の「治療体験談」の冊子を差し上げます。 どうぞご覧ください。

PAGE TOPへ戻る

 

他の方法で治療なさる先生もおられます

当院のDowson法だけが随一の方法だとは申しません。
他の方法で、噛み合せの治療をなさる先生もおられます。
噛み合わせの具合は、個人によってすべて違います。
噛み合せの治療は、とても難しい事も知っております。
もし当院でよろしければ、お力になります。

PAGE TOPへ戻る